2018年05月16日

一周まわって・・

ノーマルの塗装が気に入らないという理由で

塗装剥離&バフ掛けでピカピカ仕様にしたS&T M870ですが





ゲームに投入してみると 想像の3倍目立ちます!


なので








外装をリニューアル




せっかく下地ができているので

バーチウッドのアルミブラックで染めてみようと挑戦してみました


作業中はゴム手袋で劇薬を扱っているので写真がありませんが

私流のアルミブルーイングのコツは

アルミブラックを水で 1 : 2 の割合で薄めて硬めのハケでガシガシこすりつけてます

今回は使い古しの歯ブラシでやったのですが とても反応が早く気に入りました♪


3回ほど反応させて納得がいったら

アルカリ性の石鹸で洗浄し反応を止めて

シリコングリスを塗布したのがこちらです







真っ黒に染まってしっとりとした艶・・


なんだか







ノーマルにそっくりです・・ OTZ










こっちの方が 良かったかも?(笑)










まあ 使い込むとブルーが出てきそうなので経過を観察してみます


だめなら次はゴールドかな(笑)





  


Posted by オーハ  at 17:13Comments(2)S&T870

2018年05月09日

S&T870ボルト連動(短w)

昨年チーム内フリマでS&T M870ソードオフを入手したのですが

つや消しなブラックと白文字のレーザー刻印が好きになれず

塗装をはがしてバフ掛けしてギンギラなソードオフを作りました



その際分解をしてみてちょっとアイデアが浮かびまして

中身の方もちょびっと弄ってみました






まずメカボ内は凸凹だったので ヤスリで磨いて

シリンダーとピストンがスムーズに動くようにして各部品バランスとりをして

洗浄とグリスアップ

わりとこの機種って精度良いからノーマル部品で充分だったりします




メカボ外側は




イジェクションポート周辺のモールドを削り落として

シリンダー上部のスリット付近も1mmほど削り
※中のシリンダーは仮組で入れてありますが作業時は外します




0.5mmのアルミ板を






こんな形で切り出して シリンダー上部にあるポッチにかみ合うよう穴を空けて




シリンダー上部のポッチと組み合わせて スムーズに動けばOK





ちょびっとだけ連動しまう(笑)

ちなみにメカボ側面を大きく削り ロッドにボルトカバーを取り付ければ

フルストロークの連動も出来そうでしたが

強度的に不安があるのと めんどくさそうなのでやめましたww





赤いガムテープで ショットシェル風味をデコレーション♪




これを






しゃき~~ん! 


まあ 半端でしょぼいですが(笑)

素早くコッキングすると雰囲気は出るし楽しいですよ♪

材料費 300円程度(アルミ板190円・ガムテ100円)

工作時間 1時間のお手軽カスタムでした





  


Posted by オーハ  at 15:53Comments(0)S&T870