2017年03月23日

KG-9電動化

こんにちはオーハです

次はARMYのL-85を紹介しようと思っていたのですが
急きょ新しい工作がはじまったので そちらからいってみますww

先週のことです
ご近所にあります「Kホビー」へ ジャンク箱を漁りに伺うと
※個人的にパトロールと呼称しています

なつかしいものを発見!




マルゼン BV式ガスガンKG-9

学生の頃に持っていたのは リキッドチャージ式ガスガンでしたが
この形であるだけで 満足です
しかもBV式は アッパーレシーバーがスチール製なんですね?

こりゃ~カチャカチャしてるだけでも楽しいぞ~♪

ってことで購入
1200グラム 1200円なり(笑)

Kホビーのジャンク箱は 量り売りなんですww


帰宅後 ニヤニヤ カチャカチャいじってみますと~


・・


すぐ あきた (。-`ω-)


リアルなギミックも無ければ 弾も出ない
当然ですわな

無駄にするのは嫌なので「マルゼンKG-9」で検索してみると
電動化されている方が結構いらっしゃる

大まかに分けると2とおりの方法がありまして
・マルイ Ver.3メカボ使用
・マルイ コン電(スコーピオン)メカボ使用

ちょうどAKメカボとチャンバーがあったのでVer.3ではじめました






まずは内臓を取り出して



グリップ内側の左右を 1.5mmずつ削ってモーターが入るようにして
メカボ入れる~ あたったところ削る~ メカボ入れる~ あたったところ削る~
をくり返し フレームが薄い部分はメカボを削って対処





この手の工作にしては苦労もなく 1時間ほどの削りで





すぽっと 入った!!

入れやすいってレベルではありません
モーターの角度・トリガーの位置・ノズルとバレルの芯 これらがドンピシャです




モーター前後にはちょうど良い空間まであって配線も楽々

マルイVer.3メカボを入れるのを前提で設計したのですか?マルゼンさん?
まあ 時代があいませんがねww




アッパーだってこの通り すんなりガッチリです

Ver.3メカボ特有の 上部後方のでっぱりは削り落として
上部のレール板? あのスライドさせて外す板は撤去




コッキングハンドルは



外から見える部分だけを残して切断し
裏を削って薄くすれば入りました




ホップの調整はコッキングハンドルはを下げて この隙間からアクセスすることに?

狭すぎるから ここは もっと考えます


こうなると マガジンも欲しくなってしまい
昨日午後 緊急パトロールでKホビーさんに伺うと







MP40の多弾マグ(中古)を発見!!

最悪自作を考えていたので ちょーラッキ~♪


っで!

まさか!!

このマガジンも スルッと入っちゃうのか??

いけちゃうのか?

確変はいっちゃうのか??







惜しい~~ (笑)





ちょっと削って ピッタリ入りました
ピッタリすぎてマガジンキャッチがまだ無いのに 落ちません

リューターのACアダプターが断線したので とりあえずここでストップです

あとは
・チャンバーと給弾ルートの確保
・セレクターの新設
・メカボクリーニング&ショートバレルセッティング
・バッテリー選定

いちばんネックなのはバッテリーですね
バレルジャケットとインナーバレルの間に入るサイズがあるかな?
完成させてから Kホビーに持ち込んで相談してみます

試させてくれるし 親身に相談にのってくれる良いお店ですよ~

最後までKホビーの回し者のようなブログにお付き合い頂きありがとうございました



  


Posted by オーハ  at 17:01Comments(0)KG-9