2017年01月26日

ザクマシンガン製作記①

こんにちは オーハです

では製作記いってみます♪

細かく書いても長くなるばかりなのでサラッとやるつもりですが

「これは書きたい!」って部分が割と多く 自分との戦いになる予感がします

製作記が⑩くらいまで続いてしまったら

「こいつ自分に負けやがった」とそっと笑ってください (。-`ω-)

まず最初に用意した材料はコチラの




配管用塩ビ役物各種とパイプ

なぜか転がってたS&Tのフレーム

マルイAK47(スタンダード)のメカボ

写真には入っておりませんがこの他に

ABS板・塩ビ板・アクリル板を使い

樹脂主体で始めたのですが

フレームを完成させたところで断念しました


工作性は良いものの やはり樹脂では強度に欠けるのです・・

積層に出来る部分はそれなりに丈夫ですが どうしても箱組の部分もあるため

ストックを握って左右に振ると 蛇のようにのたうつ始末

残念ですが廃棄です・・ 写真を撮り忘れた事も残念です・・







気を取り直して 両断されている次世代AKをドナーにして


ブローバックギミックの部分をリューターでくりぬき


右側だけJBウェルドを充填してガッチリ固め


まずはバレルジャケットを塩ビ役物で作成し





ロアフレームをアルミアングルやアルミ板で現物合わせで作りまして


MP-5の多弾マガジンのゼンマイを仕込みます


この際10mmのスプリングで給弾ルートを繋げたのですが


10mmだと停弾しますね(笑)


7mmか8mmのスプリングがおすすめです



あと 写真にはマズルが付いておりますが









廃ヤカン仕様だったりしますがねww






そのご順調に フィードカバーも付き




廃脚立の足を使って ストックも生えたのですが


この後 まさかのハプニングが!!


ってことで 続きます(笑)


最後まで廃物利用なブログにお付き合い頂きありがとうございました







同じカテゴリー(ザクマシンガン)の記事画像
ザク出動
世界に一つの量産型
ヒートホーク実証
ザクマシンガン弾切れ対策 完了
ザクマシンガン弾切れ対策
ザクマシンガン修理
同じカテゴリー(ザクマシンガン)の記事
 ザク出動 (2017-07-10 15:42)
 世界に一つの量産型 (2017-07-05 13:44)
 ヒートホーク実証 (2017-06-11 20:14)
 ザクマシンガン弾切れ対策 完了 (2017-06-06 17:57)
 ザクマシンガン弾切れ対策 (2017-06-04 10:54)
 ザクマシンガン修理 (2017-05-03 16:42)

Posted by オーハ  at 16:42 │Comments(0)ザクマシンガン

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。