2017年05月04日

ボツ作品

連日UPでしつれいいたします オーハです

今回は 過去にボツった作品や作ったはいいけど

興味の湧かなかったGUN達を紹介させていただきます


まずは



バルメ!

実銃はカラシニコフ系の中でも飛びぬけて命中精度が良いらしく

スコップの柄みたいなストックになぜか惚れてしまい制作を開始しました



AK47のアルミフレームを切って・盛って・削って



アルミパイプとアルミ塊を 切って・削って・タップ切って




結構形になってきたのですが

ある日パタッと作業停止・・

なぜかというと・・




CYMAから格安のガリルが発売されたから(笑)

ガリルベースにしたら簡単に作られてしまうと思うとモチベーションがた落ちですわww





そのうち気が向いたら こんなロングバルメを作るかもしれないので

とりあえず廃棄はしないで 現在材料箱の中で待機中でございます



次の残念GUNは



映画「スポーン」や「今そこにある危機」などに登場した

オリンピックアームズのOA-93

ウィリアム・デフォーが使っていたあの銃ですね


たいして好きな銃ではありませんでしたが



サバゲをやる旨をバイク屋の社長に話したら

マルイのM-16A1をもらいまして


「サバゲには短いGUNが神」という話を真に受けて




切って・削ってアッパーを改造

マルイ16はフラッシュハイダーとフロントサイトもプラだったのですが

強度的に不安があったので死蔵していたJACのM655から移植してみました




あとは盛って・削って




なんとなく形にはなりました





これが初めての工作だったので





バッテリーの行き場所が無く 磯野さん家のご主人状態になりまして




最悪フォアグリップと言い張って使ってやろうと覚悟を決めましたが




気の毒に思った仲間からバッテリーケースを頂いて解決♪

まあ完成したんです

小っちゃくて軽くて悪くなかったんですが

すぐに使わなくなって・・

今では分解されて部品取りのジャンク状態です


使わなくなった最大の理由は


「多弾マガジンを持ってなかったから!」

これにつきますww

AR系にあまり興味が無いのでこの先も多弾買わないだろうし(笑)

完成で満足!

よくある♪ よくある♪


最後までお蔵入りなブログにお付き合い頂きありがとうございました











  


Posted by オーハ  at 17:36Comments(0)鉄砲作り

2017年05月03日

ザクマシンガン修理

GWにこんにちは オーハです

良い天気ではありますが自宅近くの国道が

尋常ではない渋滞をおこしているので昼から自宅でプシュっております♪

ナッツと ビアと ミリブロ書き込み♪

ポンコツおやじに期待してない家族に感謝でございます(笑)

さて2週ほど前の事



同チームの方がイベントゲームに参加するということで



ザクマシンガンをお貸ししました

作った本人だけが知っていた

製作中から強度的に不安だったり ごまかしていた部分が




ちゃんと破損してのご帰還です(笑)

これはフォアグリップですが 細い塩ビ製だから折れるよね~ww

あとはコネクターのピンが再利用だったので抜けてしまい作動不能になった模様

「壊れたら作りかえよう」 そう思っていても

自分だと弱い部分をかばって使うので中々壊れないものでして


正直 これは良いチャンスになりました♪





フォアグリップは本体の基部ごと作り直し

基部にレールを固定して フォールディンググリップを芯に 

金属パテとアルミパイプでシンプルに製作


物はついでと



32mmΦ のスチールパイプを使って

切って 削って 叩いて





短すぎなマズルを スマートに作り直し♪





ストックのパッドプレート部も100均のドアストッパーを加工して貼り付けボリュームUP






だいぶ スリムになりました

以前のフォルムも泥臭く ジオンぽくて好きでしたが これも良いものだww


では フォルム比較



before




after





破損はチャンス!

おかげで強くスマートなザクマシンガンへと成長できました♪

次に怪しいのは セクターギアかピストンかな~
そろそろメカボが割れるかもな~

と次のチャンスをなんとなく楽しみにしているオーハです(笑)




  


Posted by オーハ  at 16:42Comments(0)ザクマシンガン

2017年05月02日

L-85 EBR?

こんにちは オーハです

シリーズ「消えたEBRの行方をさがせ」のフロント部編になります(笑)


ひょっこり手に入れた EBRのガワですが







切断された後ろ部分は CYMA M-14のノーマルストックと合体させて







スポーター風に変身させましたが

私だって切断ジャンキーではございません

フロント部分が切断されていなかったら普通にEBRとして使いたかったわけです

ですが・・

M-14を手に入れる約半年前のこと





ひょっこりと ARMY製のL-85(R-85)が格安で手に入ってしまいましてww

この子が原因と言えば 原因でしょうか?




磁石がバシバシくっ付き 外装はスチール♪







ピストン・シリンダーも社外品の良さげなものに換装してあるし





軸受メタルだし!

グリス洗浄済みだし!!

セクカ済みだし!!!

ジャンク2000円だったし!!!!

ってことで テンションMAX♪

ただ・・ 一つ気にいらなかったのが

バッテリーを納めるハンドガードがギシギシの最弱でした


そんな時にガッチガチのEBRフレームを入手したわけです

「切ってから考えよう」

私のカスタムに対する思想の根底に流れるワードです

この考えのせいで 何度枕を濡らしたことか・・・








ってことで 切ってくっ付けたわけです(笑)

因みに私の中でこれは成功の部類に入ります

枕はカラッカラです



だいじょうぶです!

自分が残念な奴だということはわかってます!





蝶つがいでパカっと開いて バッテリーのアクセスは楽ちんにひと工夫♪

L-85(R-85)の本体は 一切加工をせずに

ステーを新造して接続してあり 剛性はハンパないっす







これが ゲーム使用時のお姿で

ブルバップスナイパーとしてわりと使えますよ♪






レールが沢山あるからゴテゴテ付けて中二心も満足できるしw






なんとなく軽機関銃に見えなくも無いし

結構満足してたんですよ~



M-14が手に入るまではね (-。-)y-゜゜゜


やっぱり枕を濡らしたブログに最後までお付き合い頂きありがとうございます

次回はクルツ(チョイ改)とそれを使うであろう 次回作のご紹介です





  


Posted by オーハ  at 17:20Comments(2)L-85

2017年04月22日

Gスペック パイプカット

こんばんは オーハです

チーム内でM沢さんというリアルチートな方がいらっしゃいまして
その方のGスペックが 短いのですよ

それがまあ カッコイイと言いますか
あれなら俺も無双できんじゃね?

ってな いつもながらの短絡的な考えで





バレル 切ったったwww





マズルは純正サイレンサーを使いたかったので活かして
インナーを外に出すため 貫通させてあります



もうね こんな寸詰まり(笑)

M沢さんの真似でインナーは少々出し加減でCUTしてあります

M沢さんいわく 「インナーの角度調整できるじゃん」

なるほどな~~ ってことで真似っこww







サイレンサー付けてもこの短さ♪






マズルはセメダインのメタルロックでガッチリと固定です

これ チームのメンバーに勧められて使いだしたのですが

これ すげ~っす!!

今まで工作(スクラッチ含む)にはJBウェルドを使ってましたが
あれって 油・衝撃・熱にはちょっと弱い部分があるんです
まあ そのおかげで微調節ややり直しがやりやすいっていう良さもありますが

このメタルロックは ウッカリずれて固まると切断するしか手がないので注意が必要なぐらいです!!

私自身うっかりして 切る羽目になったのでまちがいないです(笑)




インナーはこのぐらいに切断






チャンバーブロックのシリンダーに当たる面に1mm厚のフェルトを貼り付けて打音対策




ホップアームにもちょっとイタズラして





1mm厚アルミ板を んにゃ!って曲げて
削って切って また削って

鼻くそ大にまとまったら ホップかさあげ部品の完成ですww

ちゃんとした精度の高い部品で売ってますが
バイク買ったばかりで金欠ゆえ アイデアをパクらせていただきました
個人使用ですので どうかご容赦を m(。。)m







インナーが短くなったせいでしょうか?
弾道のブレが出て来たので ピストンの重りを10gほど落として
熱収縮チューブにて再固定してみました

12mでの試射では 精度変わらずでしたが
知りたいのは その先なんですよね~
明日定例があるものの 午後から家族の用があるので断念・・

朝のうち 試射だけやりに行こっかな?

試射だけ・・

試射と1ゲームだけ・・

午前中だけ・・ (´∀`*)ウフフ


どうなりますやらww


次回こそは




消えた EBRのフロント部分を紹介させていただきます
この 得体のしれないクリーチャーが今のお姿ですが





興味がわいて ひまでしたらお付き合いくださいませ♪




  


Posted by オーハ  at 20:43Comments(0)Gスペック

2017年04月10日

KG-9完成 & チーム紹介


こんにちはオーハです

グリップ底部をパテで成形し
セレクターにセミのポジションも追加して(ピストンリリースの為だけですがww)
ひとまず弾が出るようになったので





昨日定例ゲームに投入してみました('◇')ゞ

メカボとチャンバーの間に隙間があるため
ちょっとバラけるのは予測しておりましたが

すごいです!!

30mで2mぐらいにバラけます!
せめてそのうちの1個でも当たれば良しとしたいところですが
発射音の後にはヒット音が続きません


1度もです!


ここまで見事だと逆に気に入ってしまってしばらくこのまま使おうかとおもいます(笑)

剛性はとにかく高いので 煮詰めれば面白いものになりそうですが
この安定したダメっぽさもおもしろい

チーム員からは




ウルトラ警備隊みたいで良いっすね!

なんて言われますが

確かに似てますな (。-`ω-)


今回 ネタ銃のつもりじゃなかったのに・・


でわ そんな何でも言い合える所属チームのご紹介♪



※後列1番右が私

「川越ネットワーククラブ」と申します

埼玉県の特定フィールドにて月2回の定例をこなしております

昨日はあいにくの雨模様で中止のはずでしたが
蓋をあければ 11人の我慢できない駄々っ子が集まってしまう

残念な大人の最高のチームです

しばり一切なし!ネタ有り!ガチ有り!昼食有り!のゆる~いチーム♪
上は60台後半から下は20台前半まで広い年齢層が楽しめる雰囲気で洒落と笑いが大好物なチーム♪

なのに割と強かったりもするww
リーダーのブログ ←クリックだ!
以下 リーダーからパクった画像でチームの雰囲気をご紹介




真ん中が私です たしか左の方とエロ話を真剣にしていた時かとおもいます




他の人の写真を上げるのも気が引けるのでまた私ww

リーダーのGUNを借りてご満悦でございます♪



これはケモノだから上げちゃえ!

新人さんですが妙に戦闘力高い若者です(笑)




最近ケモノを増殖させた犯人

ケモノにヒットを獲られるスナイパー というシュールな構図はこの人のせいですなww

多いときは20人越えでやりますが 来る来ないは完全自由意志尊重で
1年ぶり2年ぶりはざらですww

久しぶりなのに前回の続きのように迎え入れてくれる
サラッとして居心地の良いチームですよ~



さて KG-9も完成したし次回作は






バルキリーのガンポッドつくりたいな~

どっかにAA-12落っこちてないかね~?
Kホビーのジャンク箱に転がってないかね~~?

まあ 無理だわなww

普通にクラウンのライフルで ナウシカのライフルでも作りますかね♪


どっかにクラウンのライフル落っこちてないかね~?
Kホビーのジャンク箱に転がってないかね~~?


これもまあ 無理だわなwww






  


Posted by オーハ  at 17:03Comments(4)KG-9

2017年04月01日

KG-9電動化 ③

こんばんは オーハです

前回形作ったフォアグリップ(バッテリ―ケース)とアンダーフレームを塗装してシルエットチェック




うん!良さそうですね♪


でわ覚悟を決めて オペをはじめます・・・
※メカは苦手



フレーム作成中メカボの位置と チャンバーの間に2mm程の隙間が生じたので



G3用のノズルを購入しておきます



AK用より2~3mm程長いので これで何とか帳尻合わせ




モーターもめんどくさくない範囲でクリーニングしておきます




でわ! 覚悟を決めて ご開帳!!!





開けて思い出しました

寄せ集めで組んだ個体だった(笑)

それにしても 瞬着で固定しといた軸受が全部ポロリしたのはビックリです

グリスの影響? 経年劣化?? 





ピストンは確か次世代用の社外品でフルスティ―ル

ピストンヘッドはどっかの吸気タイプで ピストン内はベアリングでした

自分はそんなにグリス塗る方ではないのですが

ヘッド側にまでグリスが出てきちゃってます

やっぱシリコングリスは流動性が高いですね

ってか このピストンヘッド吸入性能高いとおもうww 当たりだったな♪






ギアはSHSの16:1を セクター3歯カットしてたんだな~ 昔のおれ

最近は サイクルに興味ないから どうでも良い部分




削れた気配ナッシングなベベル

けっこう撃ってたけど・・ なぜ????





とりあえずクリーニングして 軸受の古い瞬着をおとしたら

シム調整をして グリスUPして組み上げます

写真はありませんが クルツ用の加速シリンダーに変更して

スプリングを1割ほど弱くしてあります



さて! 組んでいく前に

ギャング御用達のKG-9らしくお化粧をしてみます

ギャングと言ったら?

派手好き♪








と ごく個人的な偏見で シルバーに塗装♪

スケベ椅子的な ラメゴールドと最後まで迷いました (。-`ω-)






ホップはこのヘキサを前後に動かして行います




ィジェクションポートは 0.5mmのアルミ板で塞ぎまして

「ほぼ」 完成です







わりと イケてるかと





個人的には 





思います!! ('◇')ゞ







残るは パンツの作製ww


次回は実射 調整です




  


Posted by オーハ  at 21:58Comments(0)KG-9

2017年03月29日

KG-9電動化 ②

続きます オーハです

寿命を迎えた myリューターさんを





力技で延命させて 作業再開(笑)

悩みの種の バッテリー収納場所ですが




実銃のバリエーションで良さそうなのを見つけました

暫定的にこのフォアグリップ的なものをつくってお茶をにごしつつ

バッテリーのさらなる進化を待つ所存です(。-`ω-)








myジャンク箱から 中華スペクターのフレームを発見したので




フォアグリップとバレルジャケットの下部を切断して移植します

余裕でミニSバッテリーが入るし 底に付いてる蓋も便利そうで良い感じ♪

角度を決めて金属パテで仮り固定したら




6mmのボルトナットで位置決め固定したら
金属パテをもりもりと♪


すぐに固まるけど

待ってるあいだにセーフティーを作成



セフティ ON!!




フルオート!!

セミまで作るとセフティーONで親指にあたるのでやめました



んで パテが固まったら

っぽい感じ! っぽい感じ!!

と 念仏のごとくイメージしながら削りますと





びみょ~~~~に っぽい感じになりましたww

まあ 暫定的なバッテリーケースですからこの程度で十分でしょう

側面がのっぺりして寂しいから レールでもつけようかな?

次回は メカボです








  


Posted by オーハ  at 20:44Comments(0)KG-9

2017年03月23日

KG-9電動化

こんにちはオーハです

次はARMYのL-85を紹介しようと思っていたのですが
急きょ新しい工作がはじまったので そちらからいってみますww

先週のことです
ご近所にあります「Kホビー」へ ジャンク箱を漁りに伺うと
※個人的にパトロールと呼称しています

なつかしいものを発見!




マルゼン BV式ガスガンKG-9

学生の頃に持っていたのは リキッドチャージ式ガスガンでしたが
この形であるだけで 満足です
しかもBV式は アッパーレシーバーがスチール製なんですね?

こりゃ~カチャカチャしてるだけでも楽しいぞ~♪

ってことで購入
1200グラム 1200円なり(笑)

Kホビーのジャンク箱は 量り売りなんですww


帰宅後 ニヤニヤ カチャカチャいじってみますと~


・・


すぐ あきた (。-`ω-)


リアルなギミックも無ければ 弾も出ない
当然ですわな

無駄にするのは嫌なので「マルゼンKG-9」で検索してみると
電動化されている方が結構いらっしゃる

大まかに分けると2とおりの方法がありまして
・マルイ Ver.3メカボ使用
・マルイ コン電(スコーピオン)メカボ使用

ちょうどAKメカボとチャンバーがあったのでVer.3ではじめました






まずは内臓を取り出して



グリップ内側の左右を 1.5mmずつ削ってモーターが入るようにして
メカボ入れる~ あたったところ削る~ メカボ入れる~ あたったところ削る~
をくり返し フレームが薄い部分はメカボを削って対処





この手の工作にしては苦労もなく 1時間ほどの削りで





すぽっと 入った!!

入れやすいってレベルではありません
モーターの角度・トリガーの位置・ノズルとバレルの芯 これらがドンピシャです




モーター前後にはちょうど良い空間まであって配線も楽々

マルイVer.3メカボを入れるのを前提で設計したのですか?マルゼンさん?
まあ 時代があいませんがねww




アッパーだってこの通り すんなりガッチリです

Ver.3メカボ特有の 上部後方のでっぱりは削り落として
上部のレール板? あのスライドさせて外す板は撤去




コッキングハンドルは



外から見える部分だけを残して切断し
裏を削って薄くすれば入りました




ホップの調整はコッキングハンドルはを下げて この隙間からアクセスすることに?

狭すぎるから ここは もっと考えます


こうなると マガジンも欲しくなってしまい
昨日午後 緊急パトロールでKホビーさんに伺うと







MP40の多弾マグ(中古)を発見!!

最悪自作を考えていたので ちょーラッキ~♪


っで!

まさか!!

このマガジンも スルッと入っちゃうのか??

いけちゃうのか?

確変はいっちゃうのか??







惜しい~~ (笑)





ちょっと削って ピッタリ入りました
ピッタリすぎてマガジンキャッチがまだ無いのに 落ちません

リューターのACアダプターが断線したので とりあえずここでストップです

あとは
・チャンバーと給弾ルートの確保
・セレクターの新設
・メカボクリーニング&ショートバレルセッティング
・バッテリー選定

いちばんネックなのはバッテリーですね
バレルジャケットとインナーバレルの間に入るサイズがあるかな?
完成させてから Kホビーに持ち込んで相談してみます

試させてくれるし 親身に相談にのってくれる良いお店ですよ~

最後までKホビーの回し者のようなブログにお付き合い頂きありがとうございました



  


Posted by オーハ  at 17:01Comments(0)KG-9

2017年03月20日

フリントロックピストル近代化


昨年末 気まぐれに購入した KTWフリントロックピストル



もちろんゲーム使用が目的で購入したのですが 普段は室内プリンキングが主ですね

商品の箱の内装がきれいだったから




適当な板を買って ケースを作って内装だけ再利用しております



調子に乗って 角に化粧金物付けたら千両箱のようになってしまいましたが概ね満足しております(笑)

以前は マルシンの「スーパーブラックホーク」をサイドアームにしてましたが



さすがに装弾数6発では心許ないし・・
このトンカチの射程は5~8mだし・・



なにより 8mmバイオ弾がお高いし!!

ってことで世代交代

フリントロックは
装弾数12発で 倍のファイアーパワー!!
しかも結構精度が高い!!
ホップが決まると30mほどきれいに飛んでいきます

しかし サイトの類が何もついていないので
ゲームで使うために



たくてこ~なアタッチメント作成ww




塩ビパイプとエーモン金物 それと手持ちの20mmレールを組み合わせて
ホースバンドでフィッティング




ホースバンドを軽く締めるだけでガッチリ装着されます




これなら 狙える♪



芯出しはちょっとだけ苦労しましたが




所詮はネタです 無いよりまし位がちょうど良いかと(笑)








来週のゲームは メインに「ザクマシンガン」 サイドは「フリントロック」で参戦予定です!

1880年代と宇宙世紀の競演なんて 胸が熱くなりますね♪


最後までお付き合い頂きありがとうございました




  


Posted by オーハ  at 14:48Comments(0)フリントロックピストル

2017年03月19日

Gスペック 中身イタズラ


今自分的にGスペックブームがきてるので
今回もGスぺネタです

やはり外装をやると情がわきますねww


今回は中身をリーズナブルに イタズラしてみました



インナーとアウターの隙間にいらないサイレンサ-のスポンジを突っ込んでどうかな~?レベルの消音をほどこす

微妙に効果ありw




レシーバーとアウターのガタはシールテープで対処



パッキンは甘口なまこ ホップアームはとりあえずノーマルを使用で
チャンバーのシリンダーヘッドと接触する部分には 打音対策で1mmフェルトを貼ってあります
ホームセンターで売っている 家具の足裏なんかに貼るアレです

これは効果あり!オススメです!!




分解防止のめくらピンをドリルでさらって ヘッドを回すレンチを作ったら
とうとうシリンダー内に突入です

まずはシリンダー下側のスリットがバリだらけだったのでヤスリで整えてポリッシュ(写真ナシw)
けっこうピストンに縦方向の傷が付いていたので これは早急にやった方が良いとおもいます


ノーマルでもチョイ流速気味ですが もうちょっと流速化を進めるために




45gになるように釣り用の板なまりを




脱脂して耐衝撃瞬着で巻き付けて




25mmの熱収縮チューブで固定♪

某SNSでUPしたら「なんだか卑猥な形状ですね?」などと言われましたが
心外ですな!!

これは純粋に! Gス〇゜ッ〇を激しくゆさぶる ピストンなのですよ!!
しかも 安心の日本製で 日本仕様のサイズ (〃▽〃)ポッ

純真無垢な おとなのオモチャですのであしからず。







ピストンが重くなって落ちた初速は
8mmボルト用のスペーサーがスプリングガイドにぴったりだったので色々試して調整

なんとか90~92m/秒で安定しました


あと ボツりましたが



リューターに真鍮パイプをくわえさせて
開店させてヤスリで削りたおし




シリンダーノズルを絞って伸ばすアダプターを作ってみましたが
細すぎたww

凄く静かになりましたが 60m/秒は無いよなぁ~(笑)
気が向いたら内径3.5mmぐらいでリベンジしてみます




っで ゲームに投入してみたところ
ノーマルでは0,25gを使用して30~35mが限界だった弾道も
40m位フラットに飛んで 安定して落ちていく感じになりました♪

重いピストンで一気に吐き出すことと なまこパッキンのおかげですかね?
ホップ調整幅も すこし余裕が出来ました


外装も効果ありで






後列 左から3人目が私ですが
銃口を左肩に来るように体正面でGUNを保持してるのですが

結構消えてません? 
個人的には ファンファーレな出来なのですがね(笑)

内外共に 安上がりなのに激変したので 大満足です♪


  


Posted by オーハ  at 17:21Comments(0)Gスペック